トヨタ ピクシスエポック 値引き額 限界

トヨタ ピクシスエポック値引き額を限界する方法とは?

トヨタのピクシスエポックはダイハツのミライースを
ベースにしたOEM供給車です。

 

 

一番の特徴は廉価な価格です。

 

 

最も価格が抑えられているのは76万円。

 

 

これは軽自動車の中では最も安価に設定されています。

 

 

ピクシスエポックの最上級車でも131万円ですから
セカンドカーとして買い求めやすいものです。

 

 

また低燃費である事も魅力になるでしょう。

 

 

カタログ燃費では35.2km/?となっています。

 

 

搭載されるエンジンは660cc直列3気筒
12バルブで最高出力は49PS/6800回転。

 

 

駆動系はFFと4WDでトランスミッションはCVTを採用しています。

 

 

グレードはG“SA”、X、X“SA”、L、L“SA”、Dと
多様にラインアップしています。

 

 

Dがベースグレードで、GとXおよびLには4WD仕様も用意されています。

 

 

Gf“SA”、Xf“SA”、Xf、Lf“SA”、Lfがそれにあたります。

 

 

 

【ピクシスエポックGf“SA”を選ぶ】

ピクシスエポックGf“SA”を選びターゲットにしました。

 

 

新車販売価格は131万円。

 

 

このシリーズでは最高額ですが廉価と言えます。

 

 

その上4WDでCVTです。燃費性は2WDに比べると
数値は落ちますがそれでも32.2km/?と好調です。

 

 

エコドライブアシストディスプレイや
オートエアコンなどの装備も充実しています。

 

 

 

【ピクシスエポックGf“SA”の値引き額 5万円】

ピクシスエポックはもともと廉価に設定されています。

 

 

それを考慮すると値引き額は自ずと高額は望めません。

 

 

目標額として5万円を設定することも出来ますが
可能性はかなり低いかも知れません。

 

 

 

【スズキワゴンRを高額で売却する】

ピクシスエポックGf“SA”を選んだ
Aさんの乗ってきた車はスズキのワゴンRです。

 

 

このワゴンRも市場では支持されている車です。

 

 

近年の軽自動車志向も背景にあるのでしょう。

 

 

2005年式と低年式ですし走行距離は
5万kmあまりと微妙なところです。

 

 

ピクシスエポックGf“SA”の値引き額は
あまり期待出来ませんのでワゴンRの売却額に
期待したいところです。

 

 

数社の買い取り仮査定を受けますと、
差こそありましたが最高額は26万円。

 

 

多少期待外れとなったようですが妥当とも言えます。

 

 

本査定では更に下落しましたが24万円でワゴンRを売却しました。

 

 

【トヨタ ピクシスエポック値引き結果】

0円提示を予想していたピクシスエポックGf“SA”の値引き額は3万円でした。

 

 

その3万円とワゴンRの売却額24万円を差し引いて、
104万円で乗り換える事になりました。

 

 

ワゴンRがまもなく10年落ちになる事を
考慮すれば乗り換えのタイミングは間違ってはいません。

 

中古車査定