日産 スカイラインクーペ 値引き情報 公開

日産スカイラインクーペ値引き情報を公開

日産のスカイラインクーペは4シーターのスポーツクーペです。

 

 

スカイラインは日産のブランドを代表する名車として親しまれてきました。

 

 

プリンス時代から常にトップクラスの人気車として君臨してきました。

 

 

その中でも2ドアクーペタイプを維持してきたのがスカイラインクーペです。

 

 

スカイラインクーペに搭載されるエンジンは3700ccV型6気筒で
最高出力は333PS/7000回転です。

 

 

駆動系はFRのみでトランスミッションは電子制御7速ATと6速MTがあります。

 

 

搭載されるエンジンや駆動系からも想像できますが走行性と加速性の滑らかさ、
そして本格的なスポーツクーペの走りが楽しめます。

 

 

グレードは370GTのタイプSP、S、Pです。

 

 

6速MTを採用しているのはSPとSです。

 

 

価格帯は446万円から543万円で上位車と
下位車の価格差は100万円程度です。

 

 

 

【スカイラインクーペ370GTタイプSPを出来るだけ安く購入する】

スカイラインクーペ370GTタイプSPのトランスミッションは6速MTです。

 

 

クーペの走りに拘るのであればMTを選ぶ人が多いかも知れません。

 

 

Aさんもその内の一人です。FR駆動もクーペの醍醐味となります。

 

 

新車本体価格は532万円。

 

 

 

【スカイラインクーペの値引き額 25万円】

クーペタイプの車はもともと大衆車とは性格が全く違います。

 

 

値引き戦術で大量販売出来るものではありません。

 

 

したがってスカイラインクーペの値引き額は厳しい状況にあります。

 

 

値引き実績からみてもあまり期待出来ません。

 

 

ディーラー側の事情によっては値引き額が期待以上ということも有るかも知れません。

 

 

競合車をRX−8とし目標額を25万円として設定します。

 

 

 

【マツダロードスターを高額で売却する】

Aさんが乗ってきたのはマツダロードスター。

 

 

排気量は1800ccの直列4気筒エンジンです。

 

 

スカイラインクーペよりは排気量などスモールサイズとなります。

 

 

しかし人気のオープンカーとして高い支持を受けています。

 

 

またこの車もFR駆動でスポーツ性の高さが定評となっています。

 

 

2006年式で走行距離7万kmあまりです。

 

 

数社の買い取り業者の仮査定を受け、
差こそありましたが最高額は75万円でした。

 

 

その後本査定をうけマツダロードスターは予定通り75万円で売却しました。

 

 

 

【日産スカイラインクーペ値引き結果】

Aさんのスカイラインクーペ370GTタイプSPの値引き額は
目標を下回る15万円となりました。

 

 

この値引き額をどう見るかについては二つに分かれるでしょう。

 

 

値引き額15万円とマツダロードスターの売却額
75万円を差し引いた442万円で乗り継いでいます。

 

中古車査定