リーフ 値引き情報 補助金

リーフ値引き情報、補助金の影響は?

日産のリーフと言えば電気自動車の代表格とも言われています。

 

 

次世代を担う電気自動車の需要は今後もっと高まってくるのでしょう。

 

 

とりわけガソリンの高値止まりが問題視されるなか維持経費の面からも注目されています。

 

 

リーフは蓄電にはリチウムイオンバッテリーが使用されています。

 

 

充電時間は8時間で家庭用電源に対応しています。

 

 

一回の充電費用はおよそ300円です。

 

 

出力にはインバーター&モーターを使います。

 

 

最高速度145km/hは申し分ありません。

 

 

航続距離も大きく改善され228kmとなっています。

 

 

今後も更に開発が進み改善される見通しとなっているようです。

 

 

気になる価格ですがグレード毎に言うと、Sが287万円でXは329万円、
そしてGは367万円でSエアロスタイルが317万円となっています。

 

 

 

【リーフGをターゲットとする】

リーフのなかでも最上級のGをターゲットにすることに決めました。

 

 

それには理由があります。

 

 

この電気自動車の購入にあたっては国の補充金が出るのです。

 

 

一律ですが53万円です。

 

 

したがって実質的にはリーフGは314万円と言う事になります。

 

 

同じ補助金であれば最上級車の購入へと考えました。

 

 

 

【リーフの値引き額 10万円】

国の補助金が出る上に値引きまでは無理だろうと言う予想もたちます。

 

 

しかし補助金は値引きとは性格が全く違います。

 

 

やはり販売戦略上で値引きを一つの手法とするのがディーラーです。

 

 

しかし値引き額はかなり抑え込まれているのも事実です。

 

 

値引き額の実績情報から判断すると目標額を10万円とすることが出来ます。

 

 

最終的にはディーラーの判断に任せるしかありません。

 

 

 

【スバルインプレッサを高く売却する】

 リーフGをターゲットにしたAさんの愛車はスバルインプレッサです。

 

 

2007年式で 走行距離は4万kmあまりです。

 

 

すでに国の補助金53万円を差し引いてリーフGの価格は317万円になっています。

 

 

これに愛車のインプレッサの売却額が大きくなると更に安価になります。

 

 

そのためにインプレッサの仮査定を数社から受けました。

 

 

提示額には差がありましたが最高額は55万円でした。

 

 

最高額を提示した業者の本査定を受け、少し下回る49万円で売却しました。

 

 

 

【リーフ値引き結果、補助金の影響は?】

AさんはリーフGの値引き額を5万円とされました。

 

 

リーフと競合する車としてはプリウスなども考えられますが真の競合車とは言えません。

 

 

やはりそのあたりの事もありディーラーは国の補助金と言う事も
背景に値引き額をかなり抑えているのかも知れません。

 

 

結果値引き額5万とインプレッサの売却額49万円を差引して、
Aさんは264万円でリーフGを購入しました。

 

中古車査定